消費者金融で借金するにあたって以前と変わったこととは

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言ってどこからも融資をしてもらえない可能性があります。

冠婚葬祭が重なってしまったなど予定外の出費が重なって、次の給料日まで水だけで過ごさなくていけない…ということがあると思います。

そんな時頼れるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、どんどん借りる人も多いようです。

そんな利用法だと、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者と掛け持ちすることになってしまいますのでくれぐれも注意して下さい。

消費者金融と言うと反社会的集団が連想され怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたので法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

カードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入したら、返送し審査結果を待つだけです。

審査にクリアしたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封し送ると契約手続きが進み、晴れてカードが郵送されてきます。

一方、パソコンやスマホからの申し込みでは消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

審査通過メールが届いたら記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

お金を出資してもらうことができる金融機関には一昔前は銀行からお金を借りるには時間がかなりかかっていたのですが、金融機関は基本的にお金を貸して得られる利子で売上を確保して企業としての利益を上げています。

銀行と消費者金融の金利を比較すると消費者金融の金利の方が高ことが一般的です。

まんざら消費者金融のほうが高金利とは言えません。

消費者金融のキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、なんらかの原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

また、総量規制という年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数の金融業者から借り入れがある人は多重債務者といい、どのアコムやプロミスなど消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

金融機関で高評価を得る要素は低金利で審査が早いといった理由があげられます。

しかし、消費者金融は総量規制とういものがあるためサービス内容で他社との差を出しにくく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもどの消費者金融も審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや提携ATMが多いことなどが人気の理由のようです。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCMから伝わってくるイメージも評価に大きな影響を与えていると言えるでしょう。

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合ネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

個々の消費者金融についてのお勧めポイントを掲載してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなのでランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うキャッシングローンです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて返済日に引き落としされる「約定返済」が基本の返済方法となります。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。

そのため、利息の計算日までになるべく元本を減らすのが利息を安くする一番有効な方法なのです。

ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。

アコムやプロミスなど消費者金融というものは借りる時はとても簡単だけれど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

数十年前は、法律を無視した怖いお兄さんによる強引な取り立てが多かったのですが近頃は法律が改善されので、そのような取り立ては行われません。

金利は銀行カードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが多いです。

借入や返済もコンビニなどで手軽に行えますしATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。

また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性でも安心して相談や申し込みをすることができます。

現在の消費者金融には怖いイメージはないと思いますが、バブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し気軽にお金を工面してくれるサラ金で借金を繰り返していました。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますのでウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などが該当します。

信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でキャッシングのサービスも提供しています。

一方、消費者金融は貸金業務専門の金融機関ですから限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。

銀行と消費者金融が大きく違う点は業務内容です。

銀行は金融以外にも保険など幅広く商品を展開しています。

消費者金融のキャッシングの良いところは簡単に借り入れることができ好きなタイミングでATMから返済できるので気軽に利用することができます。

カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますので借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

返済し終わっていてもローンカードを持っているだけで審査は不利に働きますので住宅ローンを組む際にはカードローンは解約しておきましょう。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですが審査能力は伊達ではありません。

審査のハードルが消費者金融より高いとされる銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらい消費者金融の方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

アコムやプロミスなど消費者金融のキャッシングと銀行カードローンにはそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

一般的に消費者金融のキャッシングの金利というものは銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。

最大貸出限度額はアコムやプロミスなど消費者金融の場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1
200万円まで借り入れることが可能です。

反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますがアコムやプロミスなど消費者金融のキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

借金に当たり、以前なら必ず必要だったことが変わってきていると言います。

金額の多少に関わらず、身分証明から給与証明、連帯保証人までありとあらゆる個人情報を提供して初めて実行されるものだとの常識を覆し、収入証明要らずとは、どういう根拠に基づいて行なわれているのか疑問ですが、近年の常識として、それほど多額の借り入れでなければ、収入の多寡を問われることなどなく、証明書の提出も求められることがないのが、普通で、手続きが以前と比べて簡便になってきています。

聞いて驚きましたが、小額と言うのに幅は数百万円まであるということで、その設定には驚かされます。

小額どころか、超高額だと思うのは私だけではないでしょう。

結局のところ家を買うような大金でない限り、収入証明書なしの実質フリーパス状態で認められるという、信じられない状況が出来上がっているのです。

お金を借りる苦労は並大抵ではないので、このようなシステムは大歓迎です。

その日のうちにどうしても現金が要るのに、貯金などまったくないという悩みを抱えておられる方には、即日中にお金を貸してもらえる消費者金融をお勧めさせて頂きます。

カードローンを扱っている会社では大抵、即日融資可能なサービスがあり、いくつかの手続きを済ませれば、即日でお金の融資を受けることも決して難しくありません。

消費者金融は生活費が足りなくなってしまった時に使っても大丈夫です。

少額のお金を借りて、生活費を補填することも可能です。

お金が手に入ったらすぐに返済すればいいため、容易に利用出来る方法でもあります。

もしお金が足りないときには借金するという方法も計算に入れてください。

申込者の個人情報やローンの利用残高、返済履歴で、借入できる限度が違ってきます。

審査会社により借入限度額は変わってきますが、ほぼ一緒だと思ってください。

真っ当な金融機関では、審査方法がほとんど一緒の会社が多いからです。

ですから、一社で審査に通らなかった場合、他業者からの借入も望みが薄いと思われます。

インターネットが身近に利用されるようになってからは、誰でも簡単にPCやスマートフォンを使ってお金を借りられるようになり、誰でも気軽に利用する事が出来るようになりました。

便利になりましたが消費者金融を利用する際にはいくつか条件があり、18歳あるいは20歳以上の方で、就職しており、毎月安定した収入のある方という条件があります。

利用する会社によっても審査が甘い消費者金融の金利が異なるので注意しましょう。

参考:消費者金融審査甘い?即日ランキング【おすすめはどこ?】

ですので事前にできるだけ金利が低い会社を利用する前には必ず下調べをしておくことが大切です。

借入金を返却する方法にはたくさんの方法が存在しますが、店頭における支払い以外に口座から自動的に引き落としてもらう方法、銀行振り込みを使用する方法、金融会社やコンビニエンスストアのATMでも振込むことが可能です。

あまり知られていない方法としては現金書留でも支払いできますが、最も多い方法はATMで支払う方法です。

入社三年目で後輩が何人かできて、気が大きくなっていたのかもしれません。

後輩たちの飲み代を払ったりしていた結果、月中くらいになるとすでに懐が厳しくなってきました。

そのとき、クレジットカードを持っていたことを思い出しました。

カードの消費者金融リボなら、設定した記憶はありませんでしたが、たしか20万くらいでしょう。

昼の休憩のときなどにちょっとコンビニATMで借りれて、月割りで返していけば良いのです。

最初に不足分を大きく借りたのがいけなかったのかもしれませんが、枠の上限まですぐに使いきってしまい、焦りました。

キャッシングは、ぶらぶらしていて働いていない人でも利用できるというほどまでには甘くありません。

ニートには収入が見込めないので消費者金融をする条件に合っていません。

自分に収入がないのならば無理なので、ニートは消費者金融が使える対象とはならないという意味です。

これはカードローンに限定しませんが、お金を借りようと思ったときに、お金を貸す側が最も重視するのが、お金を借りる側に「返済できる能力があるかどうか」という事だと思います。

その為に、今後、住宅ローンの審査を受けるにあたって、カードローンなどでお金を借りていると、現実的に住宅ローンを返せるのか、その力があるのかどうか、という点では都合が悪いと言えますね。

大学に通う私の弟が、最近はまりだしたというバイクを購入する為にろくに考えもしないで、消費者金融サービスに手を出していたことがついに親にばれてしまいました。

私の弟は遠方の大学に通っているので、普段は大学近くに下宿しており、私も両親も、消費者金融でバイクを購入したことなんてわからなかったのですが、返済がスムーズになされなかった為に督促状が親のいる実家に届くはめになり、事実が露呈してしまいました。

結局のところ、借りたお金は親がぜんぶ支払ってくれて、親はここぞとばかりに弟を叱責していました。

よくある消費者金融の疑問に、何歳から利用が可能なのかという問題があります。

いま消費者金融を使っていてもよく分らないという人も多いのではないでしょうか。

消費者金融サービスの利用可能年齢ですが、20歳以上と決められていますから、20歳未満の方が使うことはできません。

また、消費者金融サービスだけでなく、消費者金融枠の付いたクレジットカードで現金を借りることも、未成年者には利用できないでしょう。

クレジットカードは18歳になると所有できますが、現金を貸してもらえるオプションは、20歳を超えないと付けることができません。